CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
閲覧数の多い順
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 編集 |
linuxでノートパソコンのtv出力
Turbolinux10DでTV出力をさせたいと思い色々と試してみた。
ノートパソコンでTV出力を日本語で解説しているサイトが分からなかった。
僕は、Fujitsu の FMV Biblo NE4/600D を使っているので、ビデオカードは、ATI Rage Mobility P/Mです。ドライバはatiです。
S端子出力が付いています。

Rage Mobility P/MはLinux用のATI純正のドライバが出ていないのでWindowsみたいに手軽にできない。
xvinfoで、XVideoが動いてることを確認できました。

デバイスとXのバージョン

$ /sbin/lspci
00:00.0 Host bridge: Intel Corporation 82440MX Host Bridge (rev 01)
00:00.1 Multimedia audio controller: Intel Corporation 82440MX AC'97 Audio Controller
00:00.2 Modem: Intel Corporation 82440MX AC'97 Modem Controller
00:07.0 Bridge: Intel Corporation 82440MX ISA Bridge (rev 01)
00:07.1 IDE interface: Intel Corporation 82440MX EIDE Controller
00:07.2 USB Controller: Intel Corporation 82440MX USB Universal Host Controller
00:07.3 Bridge: Intel Corporation 82440MX Power Management Controller
00:0f.0 CardBus bridge: Texas Instruments PCI1420
00:0f.1 CardBus bridge: Texas Instruments PCI1420
00:13.0 FireWire (IEEE 1394): Texas Instruments TSB12LV26 IEEE-1394 Controller (Link)
00:14.0 VGA compatible controller: ATI Technologies Inc Rage Mobility P/M (rev 64)

$ X -version
XFree86 Version 4.3.0
Release Date: 27 February 2003
X Protocol Version 11, Revision 0, Release 6.6
Build Operating System: Linux 2.6.8-1smp64G i686 [ELF]
Build Date: 15 March 2005
Before reporting problems, check http://www.XFree86.Org/
to make sure that you have the latest version.
Module Loader present

まず、BiosのTV出力を試してみた。
  • PAL … linuxの画面がTVに出力されたけど、LCDもTVも画面がぐちゃぐちゃになってまともに使えそうに無かったので再起動した。
  • NTSC … Bios や、GRUB、ブートの画面などは、結構きれいに表示できていたけどXが起動したらやはりぐちゃぐちゃになった。試しにctl + alt + F1を押してみるとぐちゃぐちゃにはならなかった。けどXで使えないと意味がないので再起動してBIOSの設定をもとどうりのTV出力を使用しない設定に戻した。


次に、atitvoutを試してみた。
atitvout-0.4.tar.gzをmakeした。

# atitvout vbe
VBE Version: 2.0
VBE OEM Identification: ATI MACH64
# atitvout tvout
TV Out is disabled.
# atitvout standard
Current standard is NTSC.
# atitvout detect
CRT is attached.
LCD is attached.
TV is attached via S-Video.
# atitvout active
LCD is active.
# atitvout ntsc auto
VBE call failed.
Maybe this command is not supported by your graphics adapter?
Did your parameters (if you specified some) really make sense?
Please try all other available commands before complaining!
VBE call failed.
Maybe this command is not supported by your graphics adapter?
Did your parameters (if you specified some) really make sense?
Please try all other available commands before complaining!

エラーの表示部分で、VBE call failedとあるけど、vbetestではエラーにならなかった。

結局、TV出力はできなかった。意味がよく分からないまま。
もしかして、今のXのドライバのatiがTV出力に対応していないのかな?

次は、Gatosのati.2ドライバを試してみようかな。MPlayerやXineにもTV出力のオプションがあるみたいだけど。

NE4/600DはTV録画の機能は付いていないけど、ゆくゆくはMythTVを使いたいなー。
| linux | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
linux版thunderbirdでメールの自動確認をする。

  1. まず、thunderbirdのアカウント設定で、thunderbirdを起動している間は、定期的に受信確認をするように設定をします。
  2. 次に、受信を確認したらシステムトレイにアイコンを表示させるMozilla New Mail Icon (Biff)エクステンションを導入します。
  3. このままだと、タスクバーにthunderbirdがずっとあって邪魔なので、アプリを何でもシステムトレイに格納させるKDockerを導入します。

スタートアップで自動起動させるには、Konsoleから

$kdocker -l thunderbird-bin
のコマンドを入力します。

自動起動に失敗する時は、thunderbird-binをシェルスクリプトを介さずに単独で起動できるか確認します。
バイナリが共有ライブラリを読み込めるか確認するコマンドは、lddです。
$ldd thunderbird-bin
実行したときにnot foundというのが出てきたら、LD_LIBRARY_PATHにライブラリのパスを追加します



僕は、thunderbirdを~/.thunderbirdに入れたので、~/.bash_profileに

#thunderbird
PATH=$PATH:~/.thunderbird
LD_LIBRARY_PATH=~/.thunderbird
export PATH LD_LIBRARY_PATH

を追加しました。

envで環境変数LD_LIBRARY_PATHを確認して、
$thunderbird-binと単独で起動ができたら、kdockerからthunderbirdを呼び出せるようになります。

メールの着信通知 画面イメージ



kdockerは、KDE以外にもXFCEやGNOMEにも対応しているみたいです。
New Mail Iconも、KDE、GNOMEと、IceWMに対応しているみたいです。

参考サイト
| linux | 01:20 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
<< | 2/2PAGES |