CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
閲覧数の多い順
<< XWindowの起動に失敗する。 Debian SargeからEtchへの移行 - 前編 - | main | 内妻サーフ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 編集 |
XWindowの起動に失敗する。 Debian SargeからEtchへの移行 - 後編 -

前回、Debian Sarge から Etch に dist-upgrade したら、XWindowが起動しなくなったのですが、やっとその原因が分りました。

結論から先に書くと、原因はマウスの認識をできないことで、解決方法はカーネルのアップグレードでした。

以下はその作業記録です。

長いので走り書きで。気が向いたときに徐々に読みやすく直していきます。

1日目はコンソールを LANG=C にして英語で作業をしていたのですが、2日目はフレームバッファを使って日本語で作業をしました。

コンソールで日本語の表示をする。
# modprobe -q vga16fb
# modprobe -q fbcon (カーネルが2.6の場合に必要なコマンド)
# jfbterm

Xの設定ダイアログを利用して、設定ファイル(xorg.conf)を色々なパターンを試す。

Xの設定ダイアログの起動コマンド
dpkg-reconfigure xserver xorg

  • マウスのドライバを /dev/gpmdataに
    色深度を24から16に

    startxをしたら、一瞬だけ「Windowsをシャットダウンしています」という画面が出る。画面はまたコンソールに戻る。
  • USBマウスをevdevドライバに書き換え

    startx
       → Fetal Server error:
            no screens found
  • evdevドライバに Option SendCoreEvents "true"を追加

    startx
       → Fetal Server error:
            no screens found

  • ビデオドライバvesa
    フレームバッファデバイスいいえ
    キーボードレイアウトを自動検出はい
    マウスポート/dev/input/mice
    プロトコルimps/2
    3ボタンのエミュレートいいえ
    startx
       → 「Windowsをシャットダウンしています」と表示される。
  • xorg.confに、
    Section "InputDevice"
       Identifier  "Serial Mouse"
       Driver      "mouse"
       Option      "Protocol"  "Microsoft"
       Option      "Device"    "/dev/ttys0"
       Option      "Emulate3Buttons" "true"
       Option      "Emulate3Timeout" "70"
       Option      "SendCoreEvents"  "true"
    EndSection
    を追加してみる。
startx
   → 一瞬だけ「windowsをシャットダウンしています」と表示される。

/usr/X11R6/binディレクトリ

Debian GNU/Linux 4.0 ("etch") リリースノート (Intel x86 用) 第 5 章 - etch で知っておくべき問題点 の 5.3 XFree86 から X.Org への移行 より
X.Org のインストール中にアップグレードが中断した場合、/usr/X11R6/bin にまだ残っているファイルがあるか調べなければなりません。そうしたら (そこにファイルがあれば) どの Debian パッケージがそのファイルをインストールしたかを dpkg -S で調べ、該当するパッケージを dpkg --remove で削除できます。後で代わりのパッケージをインストールできるよう、削除したパッケージを書き留めておいてください。アップグレードを続ける前に /usr/X11R6/bin にあるファイルはすべて削除する必要があります。

調べた結果 見つかったファイル:
aticonfig, fgl_glxgears, fglrx_xgamma, fglrxinfo, fireglxcontrolpanel

それぞれ1つずつ dpkg -S, dpkg -s したが見つからなかった。
/usr/X11R6/bin は ../ へのシンボリックリンクになっている。

x11-commonの再設定

dpkg-reconfigure x11-common
コンソールユーザのみ
xサーバのnice値:0

aptitudeで足りないファイルがあるかを探して、インストールや再インストールを試す

  • # aptitude install xorg

    普段はapt-getしか使っていなかったので、blue fish、synaptic、openoffice.org などの気に入っているソフトまで強制で消された。他にもものすごい数のソフトが削除されていく。

    startx → やっぱりエラー。ただパッケージを勝手に削除されただけに終わった。

  • # aptitude update
    # aptitude upgrade
    何もなし。
    # aptitude dist-upgrade

    # aptitude reinstall xorg
    # aptitude reinstall xserver-xorg
  • aptitudeで 「 fglrx-control, fglrx-driver 」がインストールされていないパッケージにあった。x11 > nonfree

    kdm が libc++6 に依存となっていた。(aptitudeをインタラクティブで起動して タスク → エンドユーザー → KDE

    kdmのインストールしなおし
    # dpkg -S libstdc++
    # aptitude reinstall libc++6
    # aptitude reinstall kdm
    fglrxのインストール
    # aptitude install fglrx-control
    # aptitude install fglrx-driver
    質問に Y でメンテナのバージョンを選択
  • dmesgを見る

    dmesg | grep failed
    checking if image ...
    vesafb : probe of vesafb0 failed with error -6
    「 vesafb0 failed 」で検索。このエラーは特に気にしなくてもいいみたい。

    カーネルのアップグレード

    dpkg -l kernel-headers
    Debian GNU/Linux 4.0 ("etch") リリースノート (Intel x86 用) 第 4 章 - 以前のリリースからアップグレードする の 4.5.5 カーネルのアップグレード より
    etch に含まれているバージョンの udev は、バージョン 2.6.15 より前のカーネル (これには sarge のカーネル 2.6.8 も含まれます) をサポートしておらず、逆に、sarge に含まれるバージョンの udev は最新のカーネルでは正しく動作しません。さらに、etch に含まれているバージョンの udev をインストールすると、2.4 系 Linux カーネルで使用されていた hotplug が強制的に削除されます。

    カーネルが Sarge のままで hotplug がアンインストールされているので、USBマウスが認識しないみたいです。udevを有効にするためにカーネルをアップグレードします。

    # aptitude install linux-image-2.6.18-4-686
    # update-grub

    リブートしたら KDE が立ち上がった!

    | Debian(Tips) | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
    スポンサーサイト
    | - | 08:44 | - | - | 編集 |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://cafelate.jugem.cc/trackback/92
    トラックバック