CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
閲覧数の多い順
<< kaffeineが白黒になる。 | main | 日産デスクトップツール on debian linux >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 編集 |
Firefox の拡張のバージョンをごまかす。

Firefoxのバージョンが1.5から1.5.0.1になってから動かない拡張が出てきた。

Firefoxの拡張の作者が1.5.0.1に対応するまでの間、ちょっと強引だけどバージョンをごまかして対応させることにする。

例として PrefBar の場合。

Firefoxのバージョン判定をいじる前

1.5.0.1に対応していないアプリケーションは、

『 Firefox 1.5.0.1 に対応していないために無効化されています 。』

こんなメッセージが標示されて無効になっている。

  1. ファイルマネージャ(konqueror 等)で file:/home/hoge/.mozilla/firefox/r6y7ejro.default/extensions/ を開く。

  2. 各ディレクトリの中に install.rdf があるので、テキストエディタで順番にみていく。

  3. {8A6C82A1-F6C9-481a-AAE7-C96444C9A754} ディレクトリのinstall.rdf の中に

    <em:name>PrefBar</em:name>

    という項目があったので目的のファイルはこれだとわかった。

  4. install.rdfを編集する前に一応バックアップを取っておく。install.rdf.bakという名前で複製を作成。UTF-8で読み込み。書き込みできない時は、テキストファイルの権限を読み書きできるようにする。

  5. install.rdf の
    <em:maxVersion>1.0+</em:maxVersion> を <em:maxVersion>1.5.0.*</em:maxVersion> に変更した。Firefoxを起動している場合は再起動する。

firefoxの拡張バージョンチェックを変更した後

PrefBarが使えるようになった。

以上で終わりです。個人的に思い付いた応急処置なので真似しておかしくなっても責任は持てません。

もし、おかしくなったらバックアップしておいたinstall.rdfに戻したらいけると思います。Firefoxが起動しなくなったらFirefoxをセーフモードで起動して拡張を無効にして下さい。

参考URL

| firefox | 00:44 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
スポンサーサイト
| - | 00:44 | - | - | 編集 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafelate.jugem.cc/trackback/48
トラックバック