CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
閲覧数の多い順
<< Anthy に 顔文字の辞書を追加する | main | Red Hat Linux スキルチェックテスト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 編集 |
linuxでブリッジ接続
ノートにPCMCIAを2枚挿して、同時にネットにつなぐ方法です。
Windows 2000の「インターネット接続の共有」や「Windows XP」の「ブリッジ接続」と同じ事をします。

普段、パソコンを1台しか使わないのでHUBをけちっているだけですけど。

構成
スロット0番LPC4-TX
スロット1番LPC3-CLX
PCFMV-Biblo NE4/600D
OSlinux kernel 2.6.8-2-386
ディストリビューションDebian Sarge

構成図
bridge

Debian Sarge(カーネル2.6) では、カーネルを再コンパイルする必要はありませんでした。

# apt-get install bridge-utils <-- ブリッジコントロールをインストール

# brctl addbr br0
# brctl addif br0 eth0
# brctl addif br0 eth1
# ifconfig br0 192.168.1.10 netmask 255.255.255.0 broadcast 192.168.1.255 up
# ifconfig eth0 0.0.0.0 up
# ifconfig eth1 0.0.0.0 up
# route add default gw 192.168.1.2 br0
これで 2台同時にネットにつなげるようになった。

起動時にブリッジが有効になるように /etc/network/interfaces を修正
auto lo br0

iface lo inet loopback

iface br0 inet static
address 192.168.1.10
netmask 255.255.255.0
network 192.168.1.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.2
bridge_ports eth0 eth1

デスクトップだとこれで動くはずなんだけど、ノートパソコン + LANカードの場合だとスタートアップの時にPCMCIAの起動するタイミングが、ネットワークの起動よりも大分遅いので、ブリッジとNICを同時に認識してくれない。

Debian リファレンス より
auto 行に 決して PCMCIA インターフェースをリストしてはなりません。PCMCIA cardmgr はブートシーケンス において /etc/rcS.d/S40networking が起動する時よりも後に 起動されます。


http://julien.danjou.info/xen.html を参考にしながら/etc/network/interfaces を修正してみた。
auto lo
iface lo inet loopback

auto br0
iface br0 inet static
address 192.168.1.10
netmask 255.255.255.0
broadcast 192.168.1.255
gateway 192.168.1.2
bridge_ports eth0 eth1
#pre-up brctl addbr br0
#brctl addif eth0
#brctl addif eth1

auto eth0
iface eth0 inet manual
up ifconfig eth0 0.0.0.0 up

auto eth1
iface eth1 inet manual
up ifconfig eth1 0.0.0.0 up

これだと、起動時にbr0、eth0、eth1が有効になっているが、br0にハードウェアアドレスが設定されない。

もしかして、PCカードのNICを利用してのブリッジ構築では、hotplugかdiscoverに記述しないといけないのかな。

ちょっと難しいので、以下のような簡易スクリプトをスタートアップに登録する事にした。
#! /bin/bash
BRIDGEIF=192.168.1.10
NETMASK=255.255.255.0
BROADCAST=192.168.1.255
GATEWAY=192.168.1.2

case "$1" in
start)
echo -n "Configuring bridge interfaces..."
brctl addbr br0
brctl addif br0 eth0
brctl addif br0 eth1
ifconfig br0 $BRIDGEIF netmask $NETMASK broadcast $BROADCAST up
ifconfig eth0 0.0.0.0 up
ifconfig eth1 0.0.0.0 up
route add default gw $GATEWAY br0
echo "done."
;;
stop)
echo -n "Deconfiguring bridge interfaces..."
ifconfig eth1 down
ifconfig eth0 down
ifconfig br0 down
brctl delif br0 eth1
brctl delif br0 eth0
brctl delbr br0
echo "done."
;;
status)
brctl show br0
;;

restart)
$0 stop && $0 start
;;
*)
echo "Usage: $0 {start|stop|status|restart}"
exit 1
esac

exit 0

作成したスクリプトをスタートアップに登録
# update-rc.d bridge start 90 2 3 4 5 . stop 10 0 1 6 .

これで起動時にブリッジ接続が有効になる。

参考 URL :
| Debianのセットアップ | 20:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
スポンサーサイト
| - | 20:58 | - | - | 編集 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafelate.jugem.cc/trackback/31
トラックバック