CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
閲覧数の多い順
<< Debian Sargeのネットワークインストール | main | kdockerの日本語化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 編集 |
Debian Sarge 電源管理
シャットダウンで電源を落としたい。
電源ボタンで休止状態を使いたい。

まず、ACPIの状態を表示するacpiというソフトウェアをインストールしてみた。
# apt-get install acpi

$ acpi
No ACPI support in kernel, or incorrect acpi_path ("/proc/acpi").

エラーの意味がよくわからないけど、次にacpid をインストール。

# apt-get install acpid

----- debconf のメッセージ-----
acpid を 設定しています
カーネルの ACPI サポートについて
現在のカーネルは ACPI サポートが有効になっていません。Advanced Configuration and Power Interface 機能を
有効にするには、ACPI サポートを 有効にした上でカーネルを再コンパイルする必要があります。
------------------------------

acpid の po-debconf 訳 : http://lists.debian.or.jp/debian-doc/200402/msg00009.html

UniXな生活
より
電源管理
APMもACPIも利用できます。APMを利用する場合は、"apmd"パッケージを、ACPIを利用する場合は、"acpid"パッケージをインストールしてください。
ACPIは起動時にkernelに起動オプションで、ACPIを利用出来るようにしてください。
kernel /vmlinuz-2.4.26-1-686 ro root=/dev/hda2 acpi=on
こんな感じで、機種によっては、acpi=forceやpci=noacpiを指定する必要があるかもしれません。

ログファイルを見てみる。
# dmesg
----- 中略 -----
ACPI disabled because your bios is from 2000 and too old
You can enable it with acpi=force
Built 1 zonelists
Kernel command line: root=/dev/hda8 ro
Local APIC disabled by BIOS -- reenabling.
Could not enable APIC!

ACPI: Subsystem revision 20040326
ACPI: Interpreter disabled.


# cat messages|grep acpi
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: You can enable it with acpi=force

biblo:/var/log# cat messages|grep ACPI
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: BIOS-e820: 000000000ffe0000 - 000000000ffefc0
0 (ACPI data)
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: BIOS-e820: 000000000ffefc00 - 000000000fff000
0 (ACPI NVS)
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: ACPI disabled because your bios is from 2000 a
nd too old
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: ACPI: Subsystem revision 20040326
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: ACPI: Interpreter disabled.

Sep 10 09:31:04 localhost kernel: BIOS-e820: 000000000ffe0000 - 000000000ffefc00 (ACPI data)
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: BIOS-e820: 000000000ffefc00 - 000000000fff0000 (ACPI NVS)
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: ACPI disabled because your bios is from 2000 and too old
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: ACPI: Subsystem revision 20040326
Sep 10 09:31:04 localhost kernel: ACPI: Interpreter disabled.

カーネルのオプションに acpi=force を追加
# cd /boot/grub
# cp menu.lst menu.lst.bak
# vi menu.lst
# diff menu.lst menu.lst.bak
96c96
< kernel /boot/vmlinuz-2.6.8-2-386 root=/dev/hda8 ro acpi=force
---
> kernel /boot/vmlinuz-2.6.8-2-386 root=/dev/hda8 ro

再起動する。

右下のシステムパネルに "バッテリーモニタ" が表れた。

KLaptopの設定 -> ACPIの設定 -> ヘルパーアプリケーションの設定 ->
アプリケーション /usr/bin/klaptop_acpi_helper は、コンパイルされたときと
サイズまたはチェックサムが合いません。このため原因を究明するまで実行ユーザをrootにすることを薦めません。
-> 続行 -> klaptop_acpi_helperの特権を変更するには、rootのパスワードが必要です。 -> 続行 ->
rootで実行 KDE su
コマンド:
chown root /ussr/bin/klaptop_acpi_helper;
chmod +s /usr/bin/klaptop_acpi_helper
-> パスワードを入力 -> ACPIの設定のチェックボックスが有効になった。 -> ハイバネートにチェック

電源ボタンを押すと、ログアウトしてGdmの画面に移行、もう一度押すと電源が切れた。
ハイバネートできたのか分からない。
/etc/acpi/powerbtn.sh を見てみたらそういう仕様になっているようだ。

klaptop の設定で、電源ボタンの設定がなかったので、
パネルのバッテリーアイコンを右クリックして、ポップアップメニューから、ハイバネーションを選択 -> 変化なし。
ロック&ハイバネーションを選択 -> 画面がロックしたがハイバネーションはせず。

$ acpi -V
Battery 1: discharging, 100%, remaining
No support for device type: thermal
AC Adapter 1: on-line
$ cat /proc/acpi/sleep
S0 S1 S3 S4 S5
| Debian(Tips) | 22:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
スポンサーサイト
| - | 22:38 | - | - | 編集 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafelate.jugem.cc/trackback/26
トラックバック