CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
閲覧数の多い順
<< 階段 | main | 風波が得意になるコツ その1 階段に向かってこぐ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 編集 |
テイクオフで手を付く位置のコツ
今年に入って2回目のサーフィンでした。生見海岸でヒザたまにモモくらいでした。

最初は、G前のたるい波で全然乗れずでしたが、後半はF前のショアブレイクで楽しく乗れました。


久しぶりなので、サーフボードの滑らせ方の感覚を忘れていました。


今日は、テイクオフの手を付く動作の感覚が掴めたので、メモしときます。
文字をシンプルにするためポジションと波選びと目線の理屈は、ここでは端折ります。

まずは、サーフボードの滑らせ方
出来るだけ全身の力を抜いて、肩を回さずに肘を曲げてパドルをします。

サーフボードが滑り出したら、肘を曲げたままで腕を体に当たるまで回して手を付きます。

そして、起き上がる動作を行います。

時計の数字で言いますと、普段のパドルは右は2から4で回します。テイクオフ前の手を付く位置は5です。

僕は手を付く位置で悩んでいましたが、これで手を前に付くこともなくなりテイクオフも早くなったと思います。
| サーフィン | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
スポンサーサイト
| - | 23:06 | - | - | 編集 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafelate.jugem.cc/trackback/115
トラックバック