CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
閲覧数の多い順
<< 生見 ひざももたまに腰 | main | めざせ!脱おじぎサーファー (前足加重編) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 編集 |
めざせ!脱おじぎサーファー (テイクオフ編)
 サーフィンしている姿を友達に見てもらい 「おじぎ」 や、 「ロボットみたい」 や 「社交ダンス」 など指摘されたことはあったのですが、 実際にビデオに映った自分を見た時は想像以上に無様でかなりヘコみました。

一度付いてしまった癖は、そう簡単には直らないのかもしれませんが ちょっとづつでも おかしいライディングスタイルを改善していこうと思います。


まずはテイクオフ以前のパドルの見直しから


1、腹ばいの位置が、ボードの前に乗りすぎ
テイクオフをした時に、前足が前に乗りすぎてノーズが沈むことがよくありました。また写真で撮ってもらったのをみると、ボードの前に乗りすぎていた。


原因1   手を付く位置が前過ぎる
テイクオフでボードの滑り出しが遅かったから、あせって手を前に付いていた。
改善
背中を反らしてたらパーリングしにくいので、あわてずボードの手を付く位置まで波の前に出るタイミングまで待ってからゆっくりボードを沈めて立ちにいく。

原因2    腹ばいになる位置が間違っている
ボードに腹ばいになるとき、以前はノーズに手を伸ばすなど、ノーズを基準にして腹ばいをする位置を決めていた。
改善
今は、テールを基準にして、膝とデッキパッチのキックテールの距離などで感覚で決めている。

2.パドリングで、肩に力が入っている
パドルをする時に肩に力が入っているとボードがブレたりして上手くパドルできないので肩の力を抜いてパドルをする。水泳みたいにパドルと息継ぎを合わせると肩の力が抜ける。必死にパドルをしても息を止めないようにする。
肩に力が入っていないどボードの滑り出しも早くなる。

3.波を捕まえる時に、進行方向を向くタイミングを変える
波が早く崩れる場合などはピーク側にパドルしても、いつもよりちょっと早めのタイミングで進行方向を向くと楽にテイクオフできる。

焦って早く立ててもテイクオフをした後のスタンスや姿勢がおかしいと何の意味もないので、素早いテイクオフよりもゆっくりで正確なテイクオフを意識する。

4. 前足を置いたら、後ろの足を横に向けてから手を離す。
後ろの足が横を向いていないうちに手を離すと変な姿勢になってしまう。僕の悪いくせ。

| サーフィン | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
スポンサーサイト
| - | 00:25 | - | - | 編集 |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://cafelate.jugem.cc/trackback/107
トラックバック