CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
閲覧数の多い順
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 編集 |
捻挫した
ショック! スケボ−で捻挫してしまってせっかくの春一番うねりに海に出られんかった。 ミニランプでタ−ンした勢いでテ−ルロックしてインタ−フェイキ−しにいったけど戻りでミスった。 端から落ちる−!と思って足を付きに行ったのが失敗だった。 慣れん事はするもんでないわ。
| 日記 | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
テイクオフの修正
友達にサーフィンしているムービーを撮ってもらった。
風波だったけどテイクオフが遅くて前が崩れてしまいまともに乗れていなかった。


僕のイメージではピークに向かって横にパドルしてテイクオフしてからターンして進行方向に向いて滑っていくつもりだったが …。

現実は、
● テイクオフしながらも曲げる動きをしてしまい変な姿勢になっていた。
● 板の進行方向と目線がずれてしまい失速の原因になっている。
● しかもスタンスが毎回決まらずに後ろ足加重のおじぎになっていた。

家で練習したり、岸に向かって真っ直ぐ波に乗った時はスタンスも決まるから、やり方がおかしいわけではないはず。


サーフィン好きの友達がムービーを見ながら解説してくれた。

ピークに向かって波を追いかけても板が滑り出す前には、ノーズを進行方向に向けて真っ直ぐパドルして真っ直ぐテイクオフする。

この方法だと、滑り出しは遅いけど最初に板を曲げる動作がいらないので立った後も安定していられる。目線が定まらずに変な位置を見ることもない。
友達曰く波の傾斜が続いているのを見下ろすような角度がちょうど合っているそう。



それを海で実践してみた。

昨日の早朝、生見は面ツルのムネぐらいでええ波やった。

ピークに向かって斜め岸側にパドルして、板が滑り出す前に行きたい方向を決めたら(波の傾斜が続いていく角度よりもやや岸にを向ける。)真っ直ぐパドルして真っ直ぐ立つ。

やってみての感想
● 波の傾斜がゆるく見えるから怖くない
● レールが入ったまま立てるので、落ちながらテイクオフをする感覚がなくなった。
● 立ちながら視線を変えなくてもいいので遠くを見ながら立てるし、立った後で近くを見てしまう事がなくなった。
● 立ち上がった後でふらつかないので余裕を持って降りることを意識できた。


横を意識するあまりにボードに対して真っ直ぐテイクオフの動作をできていなかったことがテイクオフの動作が不安定な原因だった。

後は、できるだけ波が来てからピークを追いかけるのではなく波待ちで予想できるようにしよう。
| 日記 | 06:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
地元の徳島観光
地元の観光地を家族と巡ってきました。
朝から阿波十朗兵衛屋敷に人形浄瑠璃を見に行き、昼から藍染めの藍の館と大谷焼きの森陶器に行きました。

人形浄瑠璃は、名前は知っていたけど見るのは初めてでしたが、内容も分かりやすくて面白かった。定期公演は1話目だけだったので続きが気になります。
資料館で人形浄瑠璃を動かしてみようというのがあり、手は動かせましたが頭の動かし方が分かりませんでした。

藍染めは、藍の館が閉まっておりいけませんでしたが隣の藍屋敷おくむらさんで藍の話を聞けたのでよかったです。藍染めを楽しもうとおもったら1日がかりになるそうで、お弁当持参で来て下さいとおっしゃっていました。

大谷焼きは、土から捏ねる体験と素焼きの陶器に絵付けをする体験がありました。時間の関係で絵付けをしましたが次は土から捏ねたいです。
素焼きの陶器に絵を書くのですが陶器は、茶碗にお皿とか色々あったけど僕はコーヒー好きなのでマグカップにしました。
絵を何にするか決めてなかったし凝り性なので絵を書くのに時間がかかりましたがおもしろかったです。焼きあがるのが楽しみ。

徳島の体験楽しかった。小指の怪我が治るまではまた次の休みもどこか行こう(^。^)
| 日記 | 20:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
フットサル
今日はフットサルの超超超初心者向け教室に行ってきました。
ターンとドリブルとリフティング、それからキープの仕方を習いました。
最後に練習試合があったのですが、記念に1ゴールをキメてきました(^o^)丿
走りすぎて筋肉痛になったけど、面白かったので来週も行ってきます!
| 日記 | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
スノボデビュー!

ボードとブーツとウェアを買ってスノーボードにデビューをした。ビンディングは友達にもらった。友達と3人で井川スキー場に行った。まだ時期が早いみたいでパノラマコースしか開いてなかった。

とりあえず片足で滑る練習(スケーティング)と前向きに圧雪しながら降りていく練習(サイドスリップ)をした。ちょっとうまくいったので調子にのってスピードを出すと硬くなっているところで急に加速して転んでしまった。まあ何となくいけそうだったのでリフトに乗ることにしたが、リフトから降りるときに片足でうまく滑れずにコケてしまった。

坂の上でビンディングを付けるのにかなり手間取ったけど、前向きにサイドスリップで降りて行くのは思ったよりも順調に進めた。硬くなっているところや柔らかい雪でつま先にかける力を変えないとすぐに転びそうになる。

前向きにサイドスリップをしていたら自然に木の葉ができるようになったので、今度は後ろ向きにサイドスリップをした。前のサイドスリップから後ろのサイドスリップに移行する時にボードが直滑降みたいに加速した後でコケたので怖かった。一度、前向きの姿勢から斜めにした後で後ろ向きにすると、うまくいくようになった。そこで次に斜めに降りていって前向き、後ろ向きの繰り返しをすることにした。

何回かリフトを乗り降りするうちに片足のスケーティングで初めて転ばずに止まれた時はうれしかった。後ろのブーツを固定するのはやっぱり慣れない。

谷向きから一気に山向きに変わったろうとするので、ボードが加速してコケる。ボードが完全に山側を向くまでにずっとレールを入れっぱなしだったので、レールの切り替えの時に一度、レールを抜いてフラットにしてやったらいけるかもと思ってやってみたりした。

初心者にありがちな目線を無視して強引に体を回転させようとしていたので、ゆっくり大きなラインで目線の移動でターンができるようにって言われてやってみたけどようわからんかった。体をすべる方向に向けて木の葉をしたら、上から猛スピードでやってくる人が見えやすなったのでよけれるようになった。

今回で木の葉とスケーティングができるようになったので、次回は連続で大きなターンができるようになりたい。

| 日記 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
| 1/3PAGES | >>