CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>
閲覧数の多い順
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | 編集 |
風波が得意になるコツ その2 砂紋の向きに向かってこぐ
風の発生源が近くのコンディションでサーフィンをすると、あっちこっちで波が崩れるように見えてアクションするのが難しいですよね。

その時のコツとして岸側の砂浜を見てみると砂浜では同じ向きに綺麗な模様が出来ています。
この砂紋と同じ向きに波紋もあります。この波紋の延長が風から押される方向です。

波紋の延長を見ながらパドルして、乗るとあっちこっちで割れているように見えていた波にも乗ってアクションを出来るようになります。

しかしながら、大きなジャンクになった場合はやっぱり風を交わす場所に移動した方が楽しいと思います。
| サーフィン | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
風波が得意になるコツ その1 階段に向かってこぐ
風波のコンディションでサーフィンをすると、波数が多い場合があります。

この状態では、うねりと風浪が混在しています。

風波でセットの波に乗ると、セットは他の波よりも早いので、前の波に追いつきぶつかって進行方向にテイクオフをしようとしても高さがあまり出ません。

コツは、目線を変えて見ると波待ちをしているポジションから岸側を真っ直ぐ見た時に段々畑のように筋になって見えます。

セットの波に乗るときも、ボードが波に押されたら、直ぐにテイクオフをせずに1本岸側の前の波に追いついてからテイクオフをするようにします。
そうすると、高さが出てアクションも出来るようになります。


独学なので、正式名称は分かりませんが、友達同士ではうねりの段々の事を階段と読んでいました。
| サーフィン | 12:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
テイクオフで手を付く位置のコツ
今年に入って2回目のサーフィンでした。生見海岸でヒザたまにモモくらいでした。

最初は、G前のたるい波で全然乗れずでしたが、後半はF前のショアブレイクで楽しく乗れました。


久しぶりなので、サーフボードの滑らせ方の感覚を忘れていました。


今日は、テイクオフの手を付く動作の感覚が掴めたので、メモしときます。
文字をシンプルにするためポジションと波選びと目線の理屈は、ここでは端折ります。

まずは、サーフボードの滑らせ方
出来るだけ全身の力を抜いて、肩を回さずに肘を曲げてパドルをします。

サーフボードが滑り出したら、肘を曲げたままで腕を体に当たるまで回して手を付きます。

そして、起き上がる動作を行います。

時計の数字で言いますと、普段のパドルは右は2から4で回します。テイクオフ前の手を付く位置は5です。

僕は手を付く位置で悩んでいましたが、これで手を前に付くこともなくなりテイクオフも早くなったと思います。
| サーフィン | 23:06 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
階段
ホ−ムはコシぐらいのチョッピ−だった。

満ちてきたら厚くて階段になる波が多くなった。
うねりが内に向いてる所にいたのでショルダーが開いても階段を降りていくとずっと内に向いてる所をキ−プできた。
フロントは階段を探せるようになったけど、バックサイドはいつも「あっ!」と気付いた時にはもう内に向いてるセクションを通りすぎてしまったり階段だったのを気付いてなく乗り上げてしまったり難しかった。

バックサイドは横にいき過ぎて弱い所を走ってると思った。

焦らず力を抜いて波を待てるぐらいの余裕が欲しいな。
| - | 12:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
宍喰 アタマ前後
今日は宍喰で友達と1日サーフィンしてきました。
朝は雨と風がすごくて、正面のホテル前はぐちゃぐちゃになってましたが、河口はコシハラぐらいのが割れていました。
僕らが入る前は県外から来た人が様子見をしていたのか無人でしたが、すぐに10人ぐらいに増えました。ずっと風が入り面がざわついていたからなのか、ローカルっぽい人は入ってきませんでした。

そのうち昼すぎになってサイズもどんどんアップしてきました。また風向きが変わり河口もぐちゃぐちゃになったので、一度上がって他のポイントを見に行きました。

再び宍喰に帰ってくると、サイズアップしてアタマ前後になり風向きがオフに変わって面もクリーンになり人も1人ぐらいしかいませんでした。
右の奥で波待ちをする人がいなかったので、ローカルやプロに囲まれる少しの間でしたが友達と貸切でサーフィンできました。

朝はテイクオフした後、降りる意識が足りなかったのか横のフェイスを気にしすぎでした。
降りてターンのつもりが、ボードを横に曲げたいと思って無理やりフェイスに手を突っ込む形になりました。ボードは下にいってるのに横に曲がろうとしてるから、ひきずられてワイプアウトするのが多々ありました。

友達に聞いたら降りる時は降りたいボトムを見てフェイスを視界にいれないとアドバイスをもらったので、後半はそれを意識したらひきずられてのワイプアウトはなくなりました。

(ボトムターンはまだできないけど)アタマぐらいのええ波で降るのはもったいないと思って斜めボトムを向いて漕いで、立ったら下までじっとするようにしたらボトムで曲げる事を意識しなくてもよくなったのですごく楽になりました。

そのうちに人が20人ぐらいになり混雑の河口にいると下手だからと遠慮してしまって全然乗れなくなってしまったのでピークを求めてホテル前の方に移動していきました。プロはホテル前でも乗りまくっていました。

ダンパーが多かったけど人を気にしなくてもいいし、グーフィーはセットのアタマオーバーぐらいの波を掴めたので最高に楽しかったです。ピークは焼肉屋前よりは河口よりにありました。
途中で階段を降りながら抜けた所でボードを返してインサイドまで乗っていけたので友達に初めてガッツポーズをしました。

レギュラーも友達がええ波を譲ってくれたのでかなりロングライドできました。フロントはトップでターンした後失速してしまってました。パワーのない波なら置いていかれてもおかしくないのでこれは今後の課題にします。
| サーフィン | 21:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 編集 |
| 1/22PAGES | >>